中学生は期末テストが近づいてきましたね。
学習計画をしっかり立てて実行しましょう!

成績の良くない人ほど「学校の勉強が何の役に立つの?」とか「ここは試験に出ない!」とか言って、努力を怠る傾向が見受けられます。
確かに、学校の勉強が実生活において直接に役立つことは、ほとんどありません。しかし、きちんと勉強をしなかった人は、知識と思考力が不足しているので、人間としての深みが感じられず、安易な考えしか示すことができません。
一方で、勉強をきちんとした人は、多角的に物事をとらえたり、客観と主観を分けて考えたりできるので、話の内容に深みがあり説得力が違います。

ひと昔前に流行った小島よしおさんのギャグで言えば「そんなの関係ねぇ!」と、あなたは思っているかもしれません。
でも、マジメに勉強しなかった人は、一定レベルの教養を備えた人たちに、相手にされなくなってしまいます。
「そんなの差別だ!」と言っても、あなたは勉強を怠けた人と法律・政治・経済・科学・医学・哲学・宗教・人生などの話をしようと思いますか?また、政治や裁判、あなたの大切な身体を学生時代に全く勉強しなかった人に委ねられますか?

過去に偉大な業績をあげた人は、みんな勤勉に努力した人たちです。ティーンエイジャーのあなたは、やりたいことがたくさんあるでしょう。でも、将来の自分の基盤になるのが、現在の中学生時代の勉強なのです。
「勤勉な努力は必ず報われる!」ので、毎日コツコツと頑張りましょう♬