このサイトにお越しの皆様へ

学習塾のHPには、個性がありません。

解るまで何度でも勉強できる塾というのが、弊社の売り文句。

解ること、何度でも、当たり前じゃないかと一笑に伏されそうです。

解った状態とは何でしょうか?脳科学的には、情報が軸索化したとき。

らしいのですが・・・

ひと様に説明できるようになったとき。では、教師はわかっているのか?

塾の講師は・・・

数覚という、特別な才能が一時脚光を浴びました。風景が数(すう)に見える。まあ、瞬時に答えが見えるようだというわけです。

では、同じ解るでも人の心や歴史についてはどう捉えたらよいのでしょうか

世界史上の3大悲劇は、原爆投下・ホロコースト・ラーゲリであるとある人は

言います。すべて戦争に起因しますが、日常的な悲劇は交通事故・火災・事故・事件に巻き込まれた犠牲者たち、天災・人災の分けはあるもののどの一つとして本当にわかっているということをどう伝えていけるでしょうか。

 平昌オリンピアと北朝鮮、在日韓国人への差別問題 日本人として

正しく教え、伝えなければならないことは、たくさんの科目に埋もれてしまいます。日頃、受験と向き合いながら、共通一次試験→センター試験→2020

高大接続型入試と、東大と早稲田・慶応だけが上昇し、京大以下名門が地盤沈下していくのはどういう勢力の意図によるものなのか。奨学金のことも気になります。奨学金破産という言葉が一般化する日は遠い日のことではなさそうです。

雪の降る街を、はもうお腹いっぱいだ!春よ、着て頂戴。