都立高校を受験されるみなさん!

もう迷いは、ありませんか。

最後のV模擬の結果で志望校を変えた人も多いことでしょう。

難しいね。チャレンジ・チャレンジって、塾の人は勝手なことを言い、

学校の教師は手堅く行かせようとするでしょう。

昔「いっそ、中学浪人しちゃえ!」と言っちゃいました。すごかった

大反響で非難・罵倒の雨嵐、這う這うの体でこちらは避難でした。

そんな愚か者から一つだけ、伝えたいことがあります。

どう準備したがすべてです。奇跡は起きない。

もし、奇跡が起きたと感じるときがあったなら、それは準備がよかったのです

今更、頑張っても大して変わらないと思っている人がいるなら、

「そちは、もう終わっている。」と言ってあげましょう。

油断した者・手を抜いた者が死んでいく。それが戦い。

いや、そう思います。9年以上もこんな商売していると、いろいろ悲喜こもごも

絶対大丈夫、絶対無理、まあ大丈夫でしょ、

危ないかな、少し無理があるかな・・・・前評判は千差万別。

しかし、受かる人には共通していることがあります。

静かな気。うまく表現できませんが、学力が伸びていくときにも同じ現象に遭

遇します。わかる・わかるが連続すると、人は特殊な状態に近づくのでしょう

か。よく「ZONE」なんていいますが、わたしにはよくわかりません。

残り16日間です。これまでの堪えた時間からすると、5%未満のわずかな

ときです。わかる・わかるを体験するまたとない機会ではありませんか。

悔いを残すなとは言いません。悔いはいつも残るもの。

体験ツアーに出かけよう、「ZONE 体験の小旅行」。

戻ってきたら、笑顔で「ただいま」と言ってほしい。